キレイのために睡眠は大事!お肌と睡眠は密接な係わりがあるとされている

キレイな肌の為に日ごろから睡眠に気をつけるようにしています。

TVや雑誌でも言われているように、お肌と睡眠は密接な係わりがあるとされていて、睡眠不足は良くないと言われています。

眠っていると、成長ホルモンというお肌の細胞分裂を促すホルモンが分泌されるため、しっかりと眠ることによって肌の美しさが保たれます。

そうは言っても好きなだけ眠ればいいのかと言うとそういう訳でもなく、睡眠の質を上げることが必要なのだそうです。

「成長ホルモン」は、眠りに入ってから約3時間位までが24時間の内で最も多く分泌されるということです。

度々「22時から翌2時までの間に寝ていれば、成長ホルモンの分泌が活発になる」といったことが当然のようですが、これは誤った解釈で、そうじゃなく、あくまでも就寝してから3~4時間の間の時間のことを示しているということです。

自分は就寝時間が遅いのですが、眠るのが遅くても人それぞれの生活習慣に従って睡眠をとるようにすれば、問題は無いようです。

いずれにせよ質の良い眠りとは快眠できることを表します。

眠る環境を整えて、質の高い睡眠がとれるように頑張っています。

仕事を終えて家に帰ると、くたくたに疲れてすぐに布団に横になりたいこともあるけれど、何があろうとクレンジングと洗顔は忘れないようにしています。

時どき「化粧をいちいち落とさなくても心配のないファンデーション」や「時間がなくてもパッとメイクが落ちるふき取るタイプのクレンジング」などを広告で目にすることもありますが、どんなに良いファンデーションであったとしても、お肌のためには化粧をおとさず眠ってしまうことはあり得ないことだと思います。

更に、たまに使うのは良いですが、ふき取るだけのメイク落としをいつも使っていたら、確実にお肌を傷めます。

肌に必要な皮脂までも拭き取ってしまうことも考えられるので、拭き取りタイプの化粧落としは使わずに、しっかりとクレンジングで顔を洗って、それからまた洗顔料で洗います。

二度洗いは不要というメイク落としであったとしても、もう一度洗うことでお肌をきれいな状態に保てるのです。

顔を洗った後は、しっかりとローションで水分を補給し、保湿をすることも必要です。

わたくしが美容で気を配っているのは、早く寝る!!眠る事は、肌を健康的に若いままでいる為に必要不可欠ですし、無くてはならないものだと凄く思っています。

良く夜の10時からがお肌のゴールデンタイムだと耳にするのですが自分自身もそうだと思っています。

家にはまだ小さい子供がいるのですが、わたくしの場合は先に子供だけを寝かすのではなくてこどもと共にそのまま眠ってしまっています。

時間はたいだい九時ぐらいですね。

(働かれている方はかなり難しいと思いますが…。

)ですから、夜10時にはしっかりと眠りについています。

あと他にも気を付けているというのは、顔をゴシゴシと洗いすぎないという事です。

夜にはメークとかもあるので、ちゃんと洗わないといけませんが、あさの場合は石鹸は使わずに、お水のみで流すくらいです。

アラフォーのわたしだけど、意外と周囲の人達に肌を褒められることが多いです。